NARF&Co.

東京・南青山を活動拠点とするプロダクション会社NARF&Co. のオフィシャルブログ。

AYACA、デビューシングル「JOURNEY」のMV公開!!

 人生の旅には、色んな出来事や出会いがあります。

その1つ1つを大切に感じれる心があるか、自分の心が感じたことを信じて形にすることができるかそんなことが問われているような気がします。

・・・

2015年にAYACAちゃんに出会い、もっと多くの人に届けたい、一緒に作品を作りたいそんな思いできましたが、お陰様で本日デビューシングル「JOURNEY」を無事に配信することができました!!

まずは、デビューシングル「JOURNEY」のMVを早速ご覧いただけると嬉しいです!!

youtu.be

 

今回のMVのテーマはタイトルの通り「旅」です。"人生の旅"だったり"自分への挑戦"、そんな思いが込められた歌詞の世界観にあわせて、隣に合わせにある「過去、未来」をMVではポラロイドを使って表現しました。

f:id:narfco:20171108205134j:plain

90年代のR&Bサウンドを現代にリバイバルさせた様な心地よいグルーヴのミドルテンポな曲です。作詞、作曲は、AYACA。地元である京都のトラックメーカーさんやギタリストさんが参加しており、様々な新しい才能が楽曲作りに加わっております!

ジャケットはこちら▼

f:id:narfco:20171108205954j:plain

  

2年前に聴いたAYACAちゃんの歌(BeyonceのListenでした!!)に感動し、その感動を形にしたいという思いから今回の事が叶った気がします。

自分の心を動かす、そしてその心を信じて自分が動く(笑)、そんなことの連続で人生は成り立ってると信じています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!是非応援よろしくお願いします。

 

▼リリース情報
AYACA デビューシングル 「JOURNEY」(読:ジャーニー)
発売日:2017年11月11日
販売価格:250円(税込)
iTunes StoreSpotify、LINE MUSIC、レコチョクなど音楽ダウンロード及びサブスクリプションサイトにて配信


購入や視聴は、こちらからできます ↓↓↓↓

Journey - Single

Journey - Single

  • AYACA
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 

  #AYACA #JOURNEY #デビューシングル #NARFRECORDS #NARF #R&B 

 

 

AYACA デビューシングル「JOURNEY」MV撮影

AYACAのデビューシングル「JOURNEY」(読み:ジャーニー)のMVを制作しています。3日間朝から夜までみっちり都内のいろいろな場所にて撮影を行いました!!

今回のMVのテーマはずばり「旅」です。"人生の旅"だったり"自分への挑戦"、そんな思いが込められた歌詞の世界観で作っています。

f:id:narfco:20171022144542j:plain

歌詞から一部引用。

 

輝く空へ 向けた1つの旅

Journey いつでも 

滲む光が 映し出す街並さえ

静かに流れていく

 

f:id:narfco:20171022145924j:plain

静かに時は流れて行くから、輝く未来を信じて進もう。

優しい言葉で前を向くことを教えてくれる曲です。

今日の自分は昨日の自分にとっての未来。振り返らず進みたいものです。

f:id:narfco:20171022150158j:plain

ポラロイドを使って、過去、現在、未来を表現した少しストーリー仕立てなMVになる予定です。

f:id:narfco:20171022150520j:plain

私達制作チームもこの3日間の撮影を通して、いろいろなことを学びながら絆も深め合い新しい旅のスタートを実感しました。もう旅が始まっています。

f:id:narfco:20171022150739j:plain

f:id:narfco:20171022150915j:plain

AYACAのデビューシングル「JOURNEY」の配信とMVの公開は11月中旬を予定しています。みなさんの元へ届きますように。

f:id:narfco:20171022151044j:plain

 よろしくお願いします!!

 

AYACAデビューシングル「JOURNEY」(NARF RECORDS)

11月中旬 iTunes、Spottify、AMAZON他配信予定

www.instagram.com

Facebook ▶︎ https://www.facebook.com/sing.sing.ayaca/

www.ayaca.info

 

#AYACA #JOURNEY #NARFRECORDS #NARFCo #SINGER #DEBUTSINGLE

「テキーラの日」ロゴ

f:id:narfco:20170602112646j:plain

 

7月24日は、テキーラの日


メキシコ大使館からの依頼で「テキーラの日」ロゴを作りました。

みなさん、「テキーラの日」というものをご存知ですか??

毎年7月24日がNational Tequila Dayと名付けられたテキーラ記念日だそうで、ここ日本でも同じ日に「テキーラの日」として制定されました。

そんな「テキーラの日」のロゴ制作の依頼を受け、ひとつはテキーラの原料であるアガべをモチーフに、もうひとつは馴染みのあるテキーラショットを描きました。

テキーラは罰ゲームで一気飲みするイメージがあるかもしれませんが、実にたくさんの種類があり、高価なものから気軽に飲めるものまで様々です。特に欧米ではセレブのお酒という新しいイメージも定着し、様々なパーティやレッドカーペットなどでテキーラが飲まれることが多くあります。

 

テキーラ好きが高じて、自らのブランドを立ち上げた著名人も多くいます。

サミー・ヘイガー(ヴァンヘイレン)の『カボ・ワボ』やサンタナの『カサノブレ』、ジョージ・クルーニー『カーサミーゴズ』、ジャスティン・ティンバーレイク『Sauza 901』、ここ日本では、LUNA SEAINORANが自身のボトルにいれるための1樽を選定しシングルバレルの限定品として『PATRONバレルセレクト INORANボトル』を販売するなど、テキーラは多くのセレブリティたちを虜にしているのです。

 

近年は日本でもJUASTが主催するテキーラフェスタや毎年ゴールデンウィークに開催されるシンコ・デ・マヨ、その他メキシコ関連のイベントで多くのテキーラが紹介され、 一気飲みの安酒でない、ゆっくり味わって楽しむ極上テキーラの魅力が認知されるようになってきました。

 

そんな中、日本で制定された「テキーラの日」。

他のお酒とは違う高揚感を得られる魅惑のテキーラ

7月24日は、テキーラファンはもちろんのこと、ストレートが苦手な方はマルガリータテキーラサンライズなどで、「テキーラの日」をお祝いしましょう!

Salud!!

 

 

 

「東京レインボープライド2017」参加してきました!

「東京レインボープライド2017」、参加してきました。

2012年では4500人だった参加数も年々規模を拡大し、今年は東京のプライドパレード史上最大規模の参加数(2日間合計105,000人)に上ったそうです。今年のテーマが「CHANGE!」だったので、日本におけるレインボープライドが今までどの様な変化を辿ってきたのか少し調べてみました。

 

最初の一歩

日本初のゲイ・プライド・イベントとなる「東京レズビアンゲイ・パレード」が開催されたのは1994年でした。この間知ったことなんですが、WHOの精神疾患リストから、ホモセクシュアルバイセクシュアル(驚き!)が削除されたのは1990年の5月。90年代の音楽が好きな私にはまだそんな遠くない時代のことのように感じます。新宿二丁目では楽しくやっていたはずですが、世間的には風当たりが強い時代に最初のパレードが実施されました。

「日本でもとうとうゲイのパレードが」ということで、東京そして全国から3000人以上の参加者を集める成功を収め大きな一歩を踏みます。その後、3年間続きますが、当時は二丁目のゲイコミュニティからの有志で行っていたこともあり、運営体制など様々な問題から残念ながら3年間で一旦休止状態となったそうです。

 

コミュニティのCHANGE

1997年以降は、ゲイの男性だけのパレード、レズビアンの女性だけのパレード、労働者に特化したパレードなどのパレード目的の細分化、東京以外の場所でのパレードやマーチなど国内で多種多様な別組織ができて小〜中規模なパレードが乱立する時代がきます。色々なイベントが開催されること自体はとてもいいことですが、この時期の細分化は世の中へ訴求するパワーの分散/減退を招いたと感じる人も多かった様です。

2000年になり、「「東京レズビアンゲイ・パレード」(前述の組織とは「&」が入っている点が異なっている)が開催され、また1つになり戻ってくる兆しはありながら、ボランティアに頼る資金面などの困難などもあり、不定期での開催が続きました。また、この頃には同じLGBTコミュニティの中でも細分化も進み、「レズビアンゲイ・パレード」という名称が限定的・排除的であるとして、他のセクシュアルマイノリティからの意見も出たため「東京プライドパレード」へと名称を変更し再建します。しかしながら、このプライドも終わりを迎えました。

 

開催意義のCHANGE

そこで、2011年運営経験者からそうでない人まで含め新たに組織された主催団体(現在のNPO法人 東京レインボープライドが発足、翌年の2012年4月29日に「第1回 東京レインボープライド」が開催されました。「東京でのパレードは3年ぶり!」ということで初年度はパレードを待ち望んでいた4500人が参加をしました。第2回、第3回と順調に回数を重ね毎年1万人近く集客することができました。更に、LGBTのためだけでないことを目指して、第4回にはぐっと人数が増え6万人の参加となり、現在の東京レインボープライドに近い姿となりました。今年は、大きな飛躍をした第6回でした。

 

ここに来るまで色々な変遷を辿ってきていますが、掲げる組織名や代表は違っても一部の運営メンバーやボランティアの方々や参加者は同じ道を歩いてきたこともわかりました。また、運営メンバーも多様化しLGBTコミュニティの中でも考え方の変化が起こって来たことや、差別に抗議したり、権利を主張する時代から、ダイバーシティの推奨を掲げる時代へとの変化も大きいと思います。1番手が切り開いた市場を2番手3番手が確立するのはビジネスでよくあることですが、世の中の流れ、そして最初の一歩を繋げてきた運営のメンバーやボランティアの方々、なによりパーレードに参加し続けた人々のの力はとても大きかったと思います。

 

企業側のCHANGE

私自身は、第4回目から参加しているので、現在のレインボープライドの形しか目にしていませんが、2015年から振り返っても今年2017年は更に盛り上がりを見せていたと感じました。今年のスポンサー企業は、ゲータレード丸井グループDIESELアルファロメオMIXIGoogle、GAP、freee、イギリスやカナダ大使館など多種多様。中でも、国内大手の資生堂Panasonicもブースを構えていたことに時代の移り変わりを感じました。

広告業界でも、LGBT市場と言われる時代ですが、例え商品やサービスを売るためであってもイメージが悪くなるという理由で出展したがる企業が少なかった昔に比べ、現在はダイバーシティを推奨することや多様性を応援することは良いイメージにつながる、LGBT市場への期待、また採用を多様化したいという企業側の意識の変化も起こりました。

 

さて、NARF&Co.では、先日ロゴを制作したドイツ証券も加入しているLGBT FINANCEグループのフロート制作を致しました。LGBT FINANCEは、金融機関で働くLGBTの社員の個性を尊重し、支援する職場環境を作り出すと共に、LGBTコミュニティを取り巻く課題への意識高上を目的として設立し、今年は16社が参加しました。全社約250名のグループでスローガンを掲げて代々木公園〜表参道を歩いて感じたことは、「とにかく楽しい!」というものでした。沿道からの暖かい声援、笑顔、ハイタッチなどに逆にパワーをもらいとても幸せな気持ちになりました。参加する3年前までは、主張がしたいLGBTのためのものと思っていましたが、人間にとって大切なLOVEとPEACEを掲げるハッピーなイベントへと変わっています。

 

日本ではデモ扱いのため、海外と比べるとまだまだの規模ですが、将来的に更なるCHANGEが起きて、「東京レインボープライド」が、みんなのお祭りとしてLOVEをシェアできることを願ってこの記事を書きました!

なお、フロートを出さなくても事前受付をすれば誰でも歩くことができます。興味を持った方、是非来年のGWは一緒に渋谷区の中心から愛を叫んでみてはいかがでしょうか。

text by @meg_narf

 

東京レインボープライド LGBT FINANCE

映像制作 NARF&Co.(@narf_co

FILMING TAKURO WATABE

挿入歌 AYACA - Seasons of Love (cover)

www.youtube.com

 

Tequila Festa 2017 映像公開

アジア最大級のテキーラ&メスカルのイベント「テキーラフェスタ東京2017」のアーカイブ映像を撮影・編集しました。

 

「TEQUILA FESTA 2017 IN TOKYO」(主催:JUAST )

トークショーEXILE ÜSA × INORAN(LUNA SEA)

GUEST DJ:DJ SARASA

GUEST : DJ DJ MAYUMI

LIVE:GOW

映像制作▶︎NARF&Co.

DIRECTOR : TAKURO WATABE / MUSIC:CUBEDEM 

www.youtube.com

GO! MAGO-B!! GO!

f:id:narfco:20170321133854j:plain

マゴビーによるマゴビーLOVERのためのクラフトビール作り!!

常陸野ネストビールでおなじみの木内酒造でクラフトマゴビーを仕込んできました。第一弾ということでわずか45本の超プレミアム!!

訪れたのは酒造り190年、茨城県那珂市に位置する蔵元、木内酒造。エントランスには江戸の幕末に初代・儀兵衛が醸した清酒・菊盛の酒樽と世界中で愛されるあのフクロウがお出迎えしてくれます。

f:id:narfco:20170321135657j:plain

f:id:narfco:20170321140352j:plain

仕込みの工程はざっとこんなかんじ。

打ち合わせ → 麦芽の計量 → 麦芽の破砕 → 麦芽の糖化 → 濾過 → ホップの計量 → 煮沸 → ホップ添加 → 麦汁冷却 

このあとの 酵母添加からボトリング まではブルーワリーが行ってくれます。

f:id:narfco:20170321150148j:plain


ここではホワイトエール、ペールエール、アンバーエール、スウィートスタウト、大きく4種類のビールをつくることができます。
今回のマゴビーは春夏に向けてホワイトエールをベースにさっぱりと爽やかに飲めるものを目指してみました。まずはコクと色味、アルコール度数をきめる「麦芽」と、苦みと香りを決める「ホップ」を選びます。アルコール度数は納期とボディ(味の濃淡)で変わるので、アルコール度数が高いほど完成までに時間がかかります。

f:id:narfco:20170321140439j:plain

麦芽には ツーロー、ウィート、クリスタルの3種を、ホップには、カスケード、コロンブス、アマリロの3種を選定し、他の素材としてはネストホワイトエールのベースにも含まれているオレンジピールコリアンダーナツメグ、そしてマゴビーのメインフレーバーとなマンゴー果汁を。
 

f:id:narfco:20170321143409j:plain

①まずは麦芽の分量をはかり殻がついた状態のまま粗引にします。
破砕した麦芽をお湯がはいった釜に投入し、65℃まで温度を上げます。よく撹拌→釜の下から麦汁を出し、再び釜に戻すという循環作業を繰り返します。

f:id:narfco:20170321143422j:plain

酵素の働きやすい温度に保つことで麦芽のでんぷんが糖にかわりこれが発酵時にアルコールにかわるそう。糖化に失敗すると、ビール酵母がアルコールを作ってくれないので慎重に。

f:id:narfco:20170321150234j:plain


f:id:narfco:20170321144158j:plain

ヨウ素テストで糖化が完了したことを確認し、次は76℃以上に加熱。これは糖化で働いてくれた酵素の働きを失活させるため。

再び循環作業を繰り返し麦芽の層をつくります。みるみるうちに白濁していた麦汁がクリアになるのがわかります。これが1番麦汁です。この時点では甘酒のような味わい。

f:id:narfco:20170321144209j:plain

※左の状態から循環作業を繰り返して濾過させクリアに。これが一番麦汁。
 
③次に1番麦汁と2番麦汁を隣の釜へ。2番麦汁は作った麦芽層にお湯をかけて残ったエキスを抽出したもの。余った麦芽粕は、飼料や肥料になるのだそう。
 

f:id:narfco:20170321144459j:plain

100℃に温度を上げ、ホップと副材料のマンゴー果汁を投入し、沸騰状態を35分ほどキープ。
ホップを沈殿させるため15分ほどおいたのち、約20℃まで冷却して仕込みの工程は完了。あとはブルーワリーにお任せして仕上がりを待つのみ。

f:id:narfco:20170321144705j:plain

この段階での味の感想はなんともいえないのが正直なところ。数週間の発酵・熟成で味がまとまるのを願って、いや、世界が認めた常陸野ネストビールのブルワリーがしっかりまとめてくれるはず!と期待して、工房をあとにしました。
 
クラフトビール作りは、麦とホップの香りに包まれながら地味な作業を延々と繰り返す、約4時間のコース。その間保温や煮沸などの待ち時間が半分くらいでしょうか。マゴビーに見守られながら、精魂込めて(?!)仕込んできました。

世界には何千種類のビールがありますが、同じ素材を使っても仕込みの状況や発酵具合などで全く同じものはできないそう。つまりわずか45本の超・超・超プレミアムマゴビーとなります。4月中旬に納品予定なので気になる方はぜひNARFにお越し下さい。

今後も様々なクラフトビールを出していく予定です。まずは第一弾の完成をおたのしみに!

 

NARF&Co.

Text by @mago.b

f:id:narfco:20170321145848j:plain

 
 

テキーラフェスタ東京2017

アジア最大級のテキーラの祭典「テキーラフェスタ東京2017」のディレクションをしました。うえー、テキーラって思う方、まずはこの記事を参考に良いイメージに切り替えてから読み進めてみてください笑

実はめちゃくちゃ身体にいいかも? テキーラを飲むべき「13の理由」 | ガジェット通信

さて簡単ですが、テキーラフェスタ東京を写真と共にレポートします。

まずは、メインのコンテンツである「カクテルコンペティション」。これは腕利のバーテンダーさん達からなる9チームがそれぞれのブランド/銘柄のテキーラでオリジナルカクテルを作ります。チームのリーダーがステージでカクテルの説明をしているシーンです。

来場者に全てのカクテルを飲んでいただき、一番好きなカクテルに投票してもらいます。各チーム、デコレーションや衣装など工夫してくれています。お祭り感が出て楽しい雰囲気です。

優勝チームは全員がメキシコのカンクンへ。リゾートホテルに宿泊ができちゃうんです。結果発表は後半です!

良質なテキーラに必要なのはやっぱり良質な音楽。フロアを温めてくれるのはテキーラフェスタ常連メンバーのDJ SARASA!メキシコでもDJするなどテキーラや本場のパーティにも通じているSARASAちゃん。雰囲気伝わってきます!!!頭のお花もかわいい!

そしてゲストトークショーの時間!!メインフロアのMCは美穂さん。

自身のテキーラブランドを展開しているINORANさん、そしてExlie ÜSAさん!

お二人ともメキシコそしてテキーラが大好きでとっても仲良しでもあります!テキーラが繋いだ縁です。トークショーで二人が言っていた「テキーラはやっぱりみんなで飲む楽しいお酒だから好き」という点、とても同感です!サルー!

初参加のゲストDJ MAYUMIさん。テキーラを楽しみながらラテンな曲もたくさん掛けてくれてフロアをロックしてました!!

f:id:narfco:20170319231611j:plain

ステージもAGAVEやサボテンなどメキシコイメージで装飾しています。

別フロアでは、MCマリーサの進行でブランドセミナーが行われていたり、

美味しいマルガリータが飲めるマルガリータバーや雑貨コーナーなど盛りだくさん。

f:id:narfco:20170319224946j:plain

そして結果発表!!優勝は西麻布73の釜谷さん率いるチーム!!!

f:id:narfco:20170319225211j:plain

パレスリゾーツの奥田さんより目録が贈呈されました!!おめでとうございます〜!

会は終盤だけど、パーティはまだまだここから!バラエティ番組でも活躍中のGOWちゃんのLIVE!!f:id:narfco:20170319225736j:plain

フィナーレはDJ SARASA!!!

ここで出演者全員登場のサプライズ!楽しくとても平和な雰囲気です!笑

そしてテキーラで乾杯!!

最後まで盛り上がりました!!!

ご来場の皆様、バーテンダーの皆様、出演者の皆さんありがとうございました!!

運営メンバー、お疲れさまでした🎶

f:id:narfco:20170319231002j:plain

 次回は6/18(日)、ビルボードライブ大阪で開催です!

 

映像も到着!

www.youtube.com

 

NARF&Co.

Text by @meg_narf

Photo by @fourdirection & @jzrg

  • 主催:JUAST
    (JAPAN UNITED AMBASSADORS FOR SPIRITS AND TEQUILA)
  • 後援:メキシコ観光局・アエロメヒコ航空・メキシコ大使館・
    PALACE RESORTS・HERMANAS PROJECT
  • 特別後援:CRTテキーラ規制委員会)